七ふくたいむず2022 12月

072-886-2022
求人情報
お知らせ
お知らせ

information

七ふくたいむず2022 12月

  • 22.12.28

    12月はヒートショックについて解説しました。

    ヒートショックで亡くなる方の数は、交通事故よりも多いとされています。

    お風呂場だけではなく、屋内と屋外の寒暖差や、トイレなど血圧が変動しやすい場面や場所は特に要注意です。寒い日が続きますので体調管理を徹底していきましょう。

    七ふくたいむず202212 (1).jpg

    今回は冬関連の内容を勉強していきたいと思います。

    東洋医学の考えでは冬は「」の季節と言われています。

    エネルギーや栄養をしっかり蓄え、春に向けて体を整える時期でもあるため、冬は腎に負担をかけやすい季節でもあります。

    腎は腎臓を中心に、生殖機能や水分調整といった、体の代謝に深く関わっている場所です。

    特に寒い冬は体温調節や水分代謝が必要になります。

    気温の低下や、乾燥、体の冷え、循環不全など冬には体調を崩す要因が多くあります。

    この季節をしっかり乗り切ることで、良い状態で春を迎えることができます。

    東洋医学でも西洋医学でもやはり一番重要なことは「」です。

    食材にはそれぞれ特徴があり、東洋医学では「」「」に分け、それぞれのバランスをとっています。

    この「陽」と「陰」のバランスを整えることで、体の調子を整え、いい状態を維持することができます。

    そのため食材の特徴を考えることはとても重要です。

    腎を活かす食材としはまず挙げられるものが黒い食材です。

    黒豆黒ゴマ昆布などがいいとされています。

    これらの食材を摂取することで、水分代謝やエネルギー不足を解消してくれます。

pagetop